Japanese / English
技術情報
カーボン・コンポジットは「先端複合材料」とも呼ばれ、その製造技術も日進月歩です。
ハンドレイアップ、オートクレーブ成形、RTM(レジン・トランスファー・モールディング)成形、熱プレス成形など、熱硬化性樹脂の代表的な成形技術も改良がくわえられています。

熱可塑性樹脂系の成形技術は、熱プレスやインモールド成形以外にも、多くの成形技術が開発途上にあります。日本のこれまでの量産システムのなりたちから、既存の工場設備のコンバートで対応できる、熱可塑性樹脂を用いたコンポジットの開発が注目されています。熱可塑性の成形には、熱硬化性以上に熱の管理が重要で、金型の構造、冷却システム、機械制御システムの重要さが増します。

それらの最新の成形技術、材料技術の情報をキャッチアップし、それを改良しています。
工場システムのサプライヤー、生産工場と協力することで新しいモノづくりのスタンダードを構築しています。
株式会社マジックボックスJP
〒577-0011
大阪府東大阪市荒本北1丁目4-17 クリエーションコア東大阪408号
Tel.06-6747-9147 Fax.06-6747-9148

Copyright (C) Magic Box JP Corporation. All Rights Reserved.
>> HOME